【mogについて】食べやすくするには

mogの味が口に合わない場合、ムリして食べていただくのはお勧めしませんが、少しの工夫で食べやすくすることはできます。お薦めなのが、乳製品との組み合わせです。

① mog+ヨーグルト

ヨーグルトに入れたモグ

夜、寝る前にヨーグルトに入れておくだけ。(甘くないプレーンヨーグルトがおすすめです)

mog 1粒に大さじ2杯くらいを目安にヨーグルトを取り分け、mogを入れておきます。(mogが完全に隠れるように)

翌朝にはしっかり溶けているので、混ぜてお召し上がりください。味が濃いようなら、ヨーグルトを足して調整してください。

 

② mog+乳酸菌飲料

夜、寝る前に乳酸菌飲料(ヤクルトなど)をすこし飲んで翌日分の数粒をボトルに放り込むだけ!(少し減らすのはmogを入れた時に溢れないように)

翌朝にはしっかり溶けていますが下に溜まるので、飲む直前にお箸やストローでかき混ぜてください。

1本で3~4粒くらいは美味しく飲めました。1日分を溶かして、朝晩に分けて飲んでいただけます。

 

③ mog+ヨーグルト菓子

mog1粒あたりヨーグルト菓子半粒~1粒を一緒に口に入れ食べるだけ。タブレットタイプのヨーグルト菓子(ヨーグレット)と一緒にたべる方法です。

酸味やクセが和らぎ、たべやすくなります。

関連記事一覧

お子さんの食事・栄養の
お悩みご相談ください。

子どもの食事と栄養の専門家、浦ちゃんが
パパ・ママの心配や不安にお答えします

小浦ゆきえ

日本臨床栄養協会認定 NR・サプリメントアドバイザーの資格を持つ健康食品アナリスト。
少食の息子に必要な栄養を摂らせたいという想いからmogを開発。日々、子どもの食事や栄養に関する啓蒙活動を行っている。