Q.好き嫌いが多く食べない息子にイライラ。怒って泣かせた後でいつも後悔してしまいます。どうしたらいいですか?

その他

好き嫌い多い息子にイライラ。どうしたらいい?

2019.03.28

▼この記事のタグ

イライラするのは、愛情やがんばりの裏返し。少し肩の力を抜いて大丈夫ですよ。

イライラは愛情があるから

お気持ち、とってもよくわかります。我が子の「健康を守りたい」という愛情があるからこそのイライラ。栄養を摂らせようと、毎日とても頑張っているのだと思います。

 

ただ、同じ失敗をしたことのある人間として、一言だけアドバイスさせていただくと、食卓の空気が変わり始めるタイミングは、お母さんの肩の力が抜けたときです。

 

「北風と太陽」の童話のように、お母さんが頑張り続けていると、お子さんの口はより固く閉じてしまいます。ママが(時々でもよいので)笑顔でいると、「ちょっと口に入れてみようかな」という気分になるチャンスが巡ってきたりもするのです。

大切なのは親が安心すること

お子さんによっては、食べる力が育つまでに時間がかかる子もいます。親としては、それを見守れる忍耐力が試されているような気もします。私も息子を通して「すべての子がなんでも美味しく食べられるわけではない」と悟りました。

 

「待っていたら栄養不足になってしまう!」と心配な時は、栄養がサポートできるアイテム(こども用の栄養補助食品など)を一時的に利用するのもOKです。大切なのは、親が安心して見守れること。安心できたらイライラも減ってきますよ。

 

 

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • メール
小浦ゆきえ

小浦ゆきえ

NR・サプリメントアドバイザー
消費者目線の健康食品情報をつたえる健康食品アナリスト。
各種Webメディアや雑誌などでサプリメントに関する情報発信を行っている。

カテゴリー新着

Q.味の濃いものが好きで、塩分の摂りすぎがきになります。どう改善すればいいですか?

その他
2019.05.09
A.味を薄く感じているのかもしれません。 味付けを工夫したり、亜鉛を…

すべての新着

Q.子供が偏食で決まった物しか食べません。対策は?

偏食
2019.07.29
A.成長の遅れや、疲れやすい、肌荒れ・口内炎といったサインがなければ…

Q.肉は固いからと食べたがりません。魚はもっと嫌いです。成長のために栄養面で大丈夫でしょうか?

偏食
2019.05.09
A.お肉がだめなら、タンパク質と鉄を補給できる代わりの食品を取り入れ…

Q.味の濃いものが好きで、塩分の摂りすぎがきになります。どう改善すればいいですか?

その他
2019.05.09
A.味を薄く感じているのかもしれません。 味付けを工夫したり、亜鉛を…

Q.好き嫌いしない「なんでも食べられる子」に育てたいのですが、どうしたらいいのでしょう?

偏食
2019.05.09
A.大切なのは「食べるって楽しいな」という原体験を積み重ねていくこと…

Q.子供が偏食でポテトや白米など決まったものしか食べない。どうしたらいい?

偏食
2019.03.28
A.成長の遅れや、疲れやすい、肌荒れ・口内炎といった栄養不足のサイン…

Q.好き嫌いが多く食べない息子にイライラ。怒って泣かせた後でいつも後悔してしまいます。どうしたらいいですか?

その他
2019.03.28
A.イライラするのは、愛情やがんばりの裏返し。少し肩の力を抜いて大丈…

Q.アレルギー除去食をしています。必要な栄養が取れているか心配です。気をつける点はありますか?

アレルギー
2019.03.28
A.除去する食品によっては、タンパク質や亜鉛不足に注意を。…

Q.子供が小食(少食)であまり食べません。栄養が心配なのですが、無理にでも食べさせたほうがいい?

少食
2019.03.28
A.たくさん食べられないのは、噛む力や消化する力が弱いからかもしれま…

Q.食べムラで野菜を食べない日があります。子供の栄養はどのくらいの期間で考えたらいいでしょうか?

栄養
2019.03.28
A.栄養は、1週間単位でバランスが取れたらOK!…

Q.偏食で全く野菜を食べません。栄養不足は大丈夫でしょうか?

偏食
2019.03.28
A.果物を食べられるならあまり心配ありません。でも、野菜も果物も食べ…

カテゴリー一覧

mogユーザーインタビュー

お子さんの食事・栄養の
お悩みご相談ください。

子どもの食事と栄養の専門家、浦ちゃんが
パパ・ママの心配や不安にお答えします

小浦ゆきえ

日本臨床栄養協会認定 NR・サプリメントアドバイザーの資格を持つ健康食品アナリスト。
少食の息子に必要な栄養を摂らせたいという想いからmogを開発。日々、子どもの食事や栄養に関する啓蒙活動を行っている。